ホルスタインは大阪にあるフォルクスワーゲン専門の修理工場です。
ワーゲンの事ならholsteinにお任せ下さい!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ゴルフ2 エンジンOH その3。
いよいよ、最終段階です。

ヘッドが内燃機屋さんから、面研修正終えて返ってきました。

バルブやステムシールなど組み込んで、後は載せるだけです。

20130430_151017.jpg

20130430_151027.jpg

腰下はある程度綺麗にして有るので、ガスケット確認して合体です。

今回、ノーマル(AT)車両だったのでガスケットも純正でいきます。

20130430_151048.jpg

20130430_151039.jpg

ヘッドボルトも全て純正部品に拘りました。

と、言った感じで仕上がりです。(間の写真が無いです、すみません)

20130511_122619.jpg

最終段階で、コントロールバルブのホースがダメになっていたので急遽作りました。

20130511_122635.jpg

わかりにくいですが、ここがダメだと乗っていて不快です(笑)

今回、交換させて頂いた部品はこんな感じです。

20130511_124142.jpg

結論から言うと、エンジンが静かになり軽く回る様です。マフラーからの排気音

も歯切れ?がいい感じです。おそらく燃費も伸びるはずです。

オーナーさんには、凄く喜んで頂いてます。僕も色々勉強させて頂きました。

早速、自分のエンジンもやる気になりました(笑)有り難う御座いました。

スポンサーサイト
[2013/05/21 15:21 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴルフ2 エンジンOH その2。
下ろしたヘッドを洗い油で綺麗に洗浄してから、バルブをばらしてバルブシートリングカットを行います。

20130417_110020.jpg

この工具でカットしていきます。

20130417_110002.jpg

純正は1アングルで当り面多いのですが、今回は3アングルで当り面を薄く

仕上げていきます。出来上がったら内燃機屋さんで、面研&歪みチェックも行います。

その間に、エンジンマウント3点交換とオイルパン外してコンロッドなどのクリアランス

チェックします。

20130426_155557.jpg

亀裂が入って、外した状態で約1センチ程下がっていた様です。これで不快な

振動無くなり、トラクションも掛かりやすくなります。

20130417_110102.jpg

出来る部分だけ計測しましたが、問題無いので今回は腰下はオイルシールと

タイミングベルト、ウォーターポンプなどの交換でいく事にします。

ヘッドが返ってくるまでに、腰下のカーボン・スラッジなどある程度取っておきます。

20130426_155620.jpg

続く~



[2013/05/13 16:42 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴルフ2 エンジンOH。
GWも終わり、いよいよいい季節のはずですが・・・

空冷ワーゲンのエンジンOHは定番?ですが、ゴルフ2シングルカムエンジンの

OHの依頼を頂きました。今時のエンジンにはカナイませんが、乗った事の有る方は

アノ?フィーリングは独特だと思います。当時新車に乗った事は有りますが、

とっくに忘れているので有る意味?楽しみです。

20130409_145134.jpg  20130409_145141.jpg

年式は90年辺りの、ほぼ最終型のRVです。走行は約12万キロ。ワンオーナーです。

腰下までやるか、ヘッドだけにするかバラシながら考えます。

20130410_173505.jpg

とりあえずヘッド下ろして、点検と清掃から始めます。

20130417_110041.jpg



続く~




[2013/05/11 19:34 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
| サイトトップへ | ブログトップへ |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。